Publication

1. 査読付き論文及び総説

Narumi T., Shishido T., Otaki Y., Kadowaki S., Honda Y., Funayama A., Honda S., Hasegawa H., Kinoshita D., Nishiyama S., Takahashi H., Arimoto T., Miyamoto T., Watanabe T., Tanaka A., Woo CH., Abe J., Takeishi Y., and Kubota I.
Cardiac-specific Overexpression of High-mobility Group Box 1 Attenuates Cardiomyocyte Apoptosis and Mitochondrial Dysfunction associated with the Pathogenesis of Doxorubicin-induced Cardiomyopathy
J. Mol. Cell. Cardiol., 2015 (82):1-12.

Tamiya G., Makino S., Hayashi M., Abe A., Numakura C., Ueki M., Tanaka A., Ito C., Toshimori K., Ogawa N., Terashima T., Maegawa H., Yanagisawa D., Tooyama I., Tada M., Onodera O., Hayasaka K.
A Mutation of COX6A1 Causes a Recessive Axonal or Mixed Form of Charcot-Marie-Tooth Disease
Am. J. Hum. Gen., 2014 Sep 4;95(3):294-300.

Minakawa EN, Yamakado H, Tanaka A, Uemura K, Takeda S, Takahashi R. 
Chicken DT40 cell line lacking DJ-1, the gene responsible for familial Parkinson’s 
disease, displays mitochondrial dysfunction. 
Neurosci Res., 2013 Dec;77(4):228-33.

Tanaka A, Cleland MM, Xu S, Narendra DP, Suen DF, Karbowski M, Youle RJ.
Proteasome and p97 mediate mitophagy and degradation of mitofusins induced by Parkin.
J Cell Biol., 2010 Dec 27;191(7):1367-1380.

Suen DF, Narendra DP, Tanaka A, Manfredi G, Youle RJ.
Parkin overexpression selects against a deleterious mtDNA mutation in heteroplasmic cybrid cells.
Proc Natl Acad Sci U S A., 2010 Jun 29;107(26):11835-11840.

Tanaka A
Parkin-mediated selective mitochondrial autophagy, mitophagy: Parkin purges dam- aged organelles from the vital mitochondrial network.
FEBS Lett., 2010 Apr 2;584(7):1386-1392.

Narendra DP, Jin SM, Tanaka A, Suen DF, Gautier CA, Shen J, Cookson MR, Youle RJ.
PINK1 is selectively stabilized on impaired mitochondria to activate Parkin.
PLoS Biol., 2010 Jan 26;8(1):e1000298.

Narendra DP, Tanaka A, Suen DF, Youle RJ.
Parkin-induced mitophagy in the pathogenesis of Parkinson disease.
Autophagy., 2009 Jul;5(5):706-708.

Narendra DP, Tanaka A, Suen DF, Youle RJ.
Parkin is recruited selectively to impaired mitochondria and promotes their autophagy.
J Cell Biol., 2008 Dec 1;183(5):795-803.

Tanaka A, Youle RJ
A chemical inhibitor of DRP1 uncouples mitochondrial fission and apoptosis.
Mol Cell., 2008 Feb 29;29(4):409-410.

Kobayashi S, Tanaka A, Fujiki Y
Fis1, DLP1, and Pex11p coordinately regulate peroxisome morphogenesis.
Exp. Cell Res., 2007 May 1;vol. 313(8):1675-1686.

Tanaka A, Kobayashi S, Fujiki Y
Peroxisome division is impaired in a CHO cell mutant with an inactivating point-mutation in dynamin-like protein 1 gene.
Exp. Cell Res., 2006 May 15;vol. 312(9):1671-1684.

Tanaka A, Okumoto K, Fujiki Y
cDNA cloning and characterization of the third isoform of human peroxin Pex11p.
Biochem. Biophys. Res. Commun., 2003;vol. 300:819-823

Otera H, Harano T, Honsho M, Ghadi K, Mukai S, Tanaka A, Kawai A, Shimizu N, Fujiki Y
The mammalian peroxin Pex5pL, the longer isoform of the mobile peroxisome targeting signal type 1 transporter, translocates the Pex7p-PTS2 protein complex into peroxisomes via its initial docking site, Pex14p.
J Biol. Chem., 2000;vol. 275(28):21703-21714.

2. 著書

田中敦, 岡本徳子, 風間智彦 
「さまざまなモデル生物からミトコンドリア画分を分離する簡便な方法」
実験医学 
2014年9月号 Vol.32 No.14 ”クローズアップ実験法”

田中敦
問題は膜で包んで分解へ
実験医学 2014年4月号 Vol.32 No.6 ”News & Hot Paper Digest”

田中敦
選択的オートファジーによるミトコンドリア品質管理機構
医学のあゆみ 2012 Vol.241 No.4:239-244.

田中敦
損傷ミトコンドリアの処理機構-PINK1/Parkin 依存性マイトファジー
生体の科学 2012 Vol.63 No.5:496-497.

Tanaka A, Youle RJ
ミトコンドリアの品質維持とパーキンソン病
細胞工学 2010 May 29;(5):431-437. 特集:その時ミトコンドリアは動いた

Tanaka A, Youle RJ
パーキンソン病とオートファジーによるミトコンドリア品質維持機構
実験医学 2010 28(5):782-787. 増刊号:脳神経系の情報伝達と疾患

Tanaka A
パーキンソン病遺伝子産物 Parkin が損傷ミトコンドリアを駆除する
臨床検査 2009 Nov;53(12):1603-1608.

3. 学会賞等の受賞


The Lindau-Nobel laureate meeting award

The 61st Lindau-Nobel Laureate meeting award/ JSPS
Lindau, Germany, 2011

ASCB travel award
50th Annual meeting of American Society for Cell Biology (ASCB)
Philadelphia, PA, USA, 2010

Keystone symposia scholarship
Mitochondrial Dynamics and Physiology
Whistler, British Columbia, Canada, 2009

日本学術振興会海外特別研究員(NIH)
日本学術振興会, 2008-2009

IUBMB young scientists awards
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
Kyoto, Japan, 2006

4. 競争的研究資金の獲得状況

科研費等

若手研究B 研究代表
H28〜30年度(予定)
研究課題:「ミトコンドリア由来小胞の形成と神経変性疾患の関係性」

AMED 肝炎等克服実用化研究事業 研究分担
H28〜30年度(予定)
研究課題:「ウイルス性肝疾患領域における新たな知見の創出や新規技術の開発に関す
る研究」(川崎医科大学・日野啓輔教授代表)

若手研究B 研究代表
H26〜27年度
研究課題:「ミトコンドリアを中心とした細胞内鉄動態と疾患生物学」

新学術領域「脳内環境: 恒常性維持機構とその破綻(京都大・高橋良輔代表)」 公募研究(研究代表)
H24〜25年度
研究課題:「脳内環境を維持するためのオートファジーの役割」

研究活動スタート支援 H23年度(H24は規定により辞退)研究代表
H23〜24年度 
研究課題:「ミトコンドリア機能維持におけるオートファジーの役割」

学術振興会海外特別研究員(NIH) H20〜H21年度

財団・学外研究資金等

東北大学 加齢医学研究所共同研究(H27年度〜) 研究代表

公益財団法人 上原記念生命科学財団 研究奨励金(基礎医学分野)(H26〜27年度) 研究代表
研究課題:「ミトコンドリア品質管理からアプローチする疾患生物学」

公益財団法人 住友財団 基礎科学研究助成 (H25〜27年度) 研究代表
研究課題:「ミトコンドリア鉄動態を中心とした品質管理機構」

公益財団法人 細胞科学研究財団 (H24年度〜) 研究代表
研究課題:「ミトコンドリア品質管理のためのオートファジーの役割」

公益財団法人 興和生命科学振興財団 (H24年度) 研究代表
研究課題:「光技術によるミトコンドリア膜電位脱分極法の開発」

国内企業共同研究 (H26〜27年度)研究代表
1件

公益財団法人 ブレインサイエンス振興財団(H23年度)
国際学会参加派遣費

公益財団法人 アステラス病態代謝研究会(H19年度)
海外留学助成金

学内研究資金等

平成27年度YU海外研究グローイングアッププログラム(若手研究者海外派遣事業)採択
カナダ マギル大学(派遣予定)

山形大学国際交流支援(山形大学テニュアトラックプログラム”社会的知性を備えた卓越した若手研究者育成”助成)
「Cutting-edge Research in Mitochondrial Biology ミトコンドリア研究の最前線」

国際シンポジウム開催 2013年12月9日 山形大学

5. 講演等

シンポジウム講演(九州大学:Progress 100: Kyushu-U and Stanford-U Joint Research and Education Program ) 2015.03
研究セミナー(埼玉医科大学・ゲノム医学研究センター・岡崎研)2015.02
大学院特別講義(兼研究セミナー)(岡山大学大学院・阪口研)2014.07
研究セミナー(米国NIH・NIH金曜会)2014.02
研究セミナー(東京薬科大学・柳研)2013.10
生命科学阿波おどりシンポジウム(徳島大学医学部・岡崎研)2013.08
BMF-NIH研究会(中外製薬)2013.07
医生化学セミナー(新潟大学医学部・神吉研)2013.07
遺伝カンファレンス(山形大学医学部)2013.06
センター主催研究会(山形大学医学部・教育研究支援センター)2013.04
研究室セミナー(山形大学医学部・中島研)2013.04
研究室セミナー(山形大学医学部・藤井研)2013.04

GCOEセミナー(京都大学医学部・高橋研)2011.09
GCOEセミナー(九州大学理学研究院・藤木研)2011.03
研究室セミナー(九州大学理学研究院・藤木研)2009.07
研究室セミナー(京都大学医学部・高橋研)2009.07
研究室セミナー(東京医科歯科大学・水島研)2009.07
研究室セミナー(東京工業大学・大隅研)2009.07
臨床研セミナー(都立臨床研・田中研)2009.07
テニュアトラック主催セミナー(筑波大学・谷口研)2009.07

6. 国際学会

Tanaka A, Oshikiri Y, Tamai Y, Youle RJ,  Mizushima N
Keystone Symposia Meeting on Mitochondrial Dynamics and Physiology
ワークショップ口頭発表およびポスター(採択)(2014, サンタフェ, アメリカ)

Tanaka A, Oshikiri Y, Tamai Y, Mizushima N
The 4th International Symposium on Dynamics of Mitochondria (DynaMito2013)
ポスター(採択)(2013, 沖縄, 日本)

Tanaka A, Youle RJ, Mizushima N
EMBO meeting on Autophagy in Health and Disease
ポスター(採択)(2011, エルサレム, イスラエル)

Tanaka A, Youle RJ
50th Annual Meeting of the American Society for Cell Biology
シンポジウム口頭発表(採択)(2010, フィラデルフィア、アメリカ)

Tanaka A
Keystone Symposia (Mitochondrial Dynamics and Physiology)
シンポジウム口頭発表(採択) (2009, ウィスラー、カナダ)

Tanaka A, Youle RJ
Charleston Conference on Mitochondria Physiology and Disease
シンポジウム口頭発表(招待)(2009, サウスカロライナ、アメリカ)

Tanaka A, Youle RJ
48th Annual Meeting of the American Society for Cell Biology (ASCB)
シンポジウム口頭発表(招待)(2008, サンフランシスコ、アメリカ)

Tanaka A, Kobayashi S, Fujiki Y
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
ポスター (2006, 京都, 日本)

Tanaka A, Kobayashi S, Fujiki Y
International Symposium on Life of Proteins
ポスター(2005, 淡路, 日本)

Tanaka A, Okumoto K, Fujiki Y
International Meeting on the Topogenesis of Organelle Proteins
ポスター (2004, ボフム, ドイツ)

Tanaka A, Okumoto K, Fujiki Y
41st Annual Meeting of American Society for Cell Biology (ASCB)
ポスター (2002, サンフランシスコ, アメリカ)

7. 国内学会(口頭発表)

Tanaka A, Oshikiri Y, Tamai Y, Mizushima N
第14回日本ミトコンドリア学会 
口頭発表(2014, 福岡)

Tanaka A, Oshikiri Y, Tamai Y, Mizushima N
第87回日本生化学会年会
シンポジウム口頭発表(2014, 京都)

Tanaka A, Oshikiri Y, Tamai Y, Mizushima N
第38回日本鉄バイオサイエンス学会 
口頭発表(2014, 宮城)

Tanaka A, Mizushima N, Youle RJ
第36回日本分子生物学会
ワークショップ企画オーガナイザー・口頭発表(2013, 神戸)

Tanaka A, Youle RJ, Mizushima N
第84回日本生化学会年会
シンポジウム口頭発表(2011, 京都)

Tanaka A, Youle RJ
第82回日本生化学会年会
シンポジウム口頭発表(2009, 神戸)

Tanaka A, Kobayashi S, Fujiki Y
第78回日本生化学会年会
一般口頭発表(2005, 神戸)

Tanaka A, Kobayashi S, Fujiki Y
第77回日本生化学会年会
一般口頭発表(2004, 横浜)

Tanaka A, Kobayashi S, Fujiki Y
日本生化学会九州支部会
口頭発表(2005, 福岡)

Tanaka A, Okumoto K, Fujiki Y
生化学会九州支部会
口頭発表(2002)

8. 国内学会(ポスター)

第37回日本分子生物学会年会
ポスター発表(2014, 神奈川)

細胞を創る6.0
2013 (6th annual meeting)

日本分子生物学会
2005 (28th annual meeting), 2004 (27th), 2002 (25th), 2000 (23rd), 1999 (22nd)

日本生化学会
2013 (東北支部会), 2005 (78th), 2004 (77th), 2003 (76th), 2001 (74th), 2000 (73rd)

日本細胞生物学会
2004 (57th), 2002 (55th)

9. 査読

Journal of Neurochemistry (2010~)
Hepatology Research (2016~)
海外研究助成金申請書 査読 (2014~)

10. 非常勤講師

東京海洋大学 (2014~)
岡山大学(2014~)
東京医科歯科大学 (2013~)

11. 学内教育活動等

医学科一年次学生実習一部担当(中島修教授・藤井順逸教授) 2013~
医学科一年次講義担当(人体物質代謝学・藤井順逸教授) 2013~
医学科三年次研究室研修担当 (中島修教授)2013~
大学院医学研究科生命環境医科学専攻講義担当(細胞代謝調節学・藤井順逸教授) 2013~
大学院医学研究科生命環境医科学専攻講義担当(先端医科学特論I・藤井順逸教授) 2014~

12. 所属学会

American Society for Cell Biology
日本生化学会
日本分子生物学会
日本ミトコンドリア学会
日本鉄バイオサイエンス学会