第45回日本分子生物学会年会ワークショップを主催します(幕張)

2022/12/02
버스커버스커 1집

第45回日本分子生物学会年会にて,ワークショップを主催します。

共同オーガナイザーの塩田先生と,ミトコンドリア・バクテリアに共通する姿を捉える,面白い企画になるように準備します。一般演題からの採択もございますので,下記トピックに関わるご研究をされている方はぜひご参画ください!

*詳細は順次アップデートします。2022.04.28 updated

第45回日本分子生物学会年会(幕張メッセ)
2022年11月30日〜12月2日

ワークショップ3PW−10
2022年12月2日 16:15-18:45
「細菌、ミトコンドリアの表情研究の最前線/ Frontiers of surface research on bacteria and mitochondria」
オーガナイザー:塩田拓也(宮崎大学)・田中敦(山形大学)

細菌の表層は様々な外的影響にしなやかに対応するため多様な表層の情態(表情)を持つ。本ワークショップでは、細菌と細胞内に共生した形であるミトコンドリアの表情を分子生物学的手法で操作できる研究者と、生物物理学的手法で詳細に見ることができる研究者が最新の研究知見を紹介し、細菌、オルガネラ表情研究分野の開拓を目指したい。」

「The bacterial surface has multi states to respond to various external factors flexibly 다운로드. In this session, we would like to introduce bacterial and mitochondrial surface manipulation by the molecular biology technique and observation of them by the biophysical approaches 다운로드. We would like to develop the research field of bacterial and organelle surfaces through the mashup of all discussions.」

린 with you 럭키짱 다운로드

◀ 一覧へ戻る